体験予約 LINE予約

sasebo blog
ブログ

バターコーヒーダイエットを有効?現役トレーナーが解説します!    

こんにちは!

CALORIE TRADE SASEBOのパーソナルトレーナー吉良航平(キラコー)です!

 

バターコーヒーダイエットを有効?現役トレーナーが解説します!

今回は、バターコーヒーダイエットのやり方やメリットについてご紹介していきたいと思います。

バターコーヒーダイエットは効果的なダイエット方法の1つです。あなたも是非、最後まで読んで実践してみてください!

 

バターコーヒーダイエットとは?

では、まずはバターコーヒーダイエットとはどういったものなのか?という点について解説していきます。

バターコーヒーダイエットというのは、簡単に言うと朝食を抜き、代わりにバターとMCTオイルを入れたブラックコーヒーを1杯飲むというダイエット法です。

また、この時コーヒーに入れるバターはグラスフェッドバターというものを使うのが特徴です。

グラスフェッドバターとは自然の牧草のみを食べて育った牛から作られたバターのことで、通常のバターに比べて不飽和脂肪酸を多く含んでおり、体の中で分解・燃焼されやすいという性質があります。

加えて、MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸油も同じく分解・燃焼されやすいという性質があり、体に脂肪として蓄積されにくい脂質なのが特徴です。

朝に通常通りの朝食を摂ると、およそ500~600kcal程のカロリーを摂取することになりますし、ご飯やパンなどから糖質を摂取することで血糖値も上昇するので、インスリンの働きによって血中の糖分が脂肪に変換され、体に蓄積されてしまいます。

しかし、グラスフェッドバターとMCTオイルを加えたブラックコーヒー1杯だけならカロリーはおよそ250kcal程に抑えることが出来ますし、グラスフェッドバターやMCTオイルは前述の通り分解・燃焼されやすい脂質です。そのため、体に脂肪が蓄積されることなく、速やかにエネルギーとして消費することが出来ます。

さらに、朝食をバターコーヒーに置き換えることで、体は糖の代わりにケトン体をエネルギー源として使用するようになります。このケトン体というのは脂肪を分解することで出来る物質なので、言い換えれば体が脂肪を燃焼させやすくなるということに繋がります。

摂取カロリーを抑えつつ体につく脂肪を減らし、さらに脂肪を燃焼させやすい体にするというのがバターコーヒーダイエットの仕組みになります。

 

バターコーヒーは意外と満腹感がある!

バターコーヒーダイエットを行う際に気になるのが「朝食をコーヒーだけで済ませてお腹が空かないのか?」という点ですよね。

しかし、グラスフェッドバターやMCTオイルには満腹感を持続させる効果があるので、意外と腹持ちが良く、空腹感に悩まされることが少ないという特徴があります。

ダイエット食だからと言って空腹を我慢しなくてはならないわけではなないので、継続しやすいというのもバターコーヒーダイエットの魅力の1つです。

 

バターコーヒーダイエットのその他のメリット

バターコーヒーダイエットには、ダイエット効果以外にも以下のメリットがあります。

1:カフェインによって集中力アップ

コーヒーに含まれているカフェインは交感神経を刺激し、集中力をアップさせる効果があります。

また、カフェインには睡眠を司る物質であるアデノシンの働きを阻害する効果があるので、眠気覚ましにもなります。

朝にバターコーヒーを飲むことで眠気を吹き飛ばし、スッキリとした気持ちで1日をスタートさせることが出来るでしょう。

2:美肌効果あり

グラスフェッドバターには緑黄色野菜に多く含まれているβカロテンが含まれています。

このβカロテンには強い抗酸化作用があり、美肌作りに効果的です。

また、MCTオイルには抗炎症作用や抗アレルギー作用、抗糖化作用などがあり、こちらも美肌を作る上で非常に有益です。

3:腸内環境の改善

MCTオイルを摂取することによって、油分で腸内を滑らかにし、お通じを良くする効果が得られます。便秘でお悩みの方にもバターコーヒーダイエットはオススメです。

 

バターコーヒーダイエットの注意点

バターコーヒーダイエットは有効なダイエット法の1つですが、やり方を誤ると効果を実感出来なかったり、逆効果になってしまう場合もあります。

バターコーヒーダイエットを行う際は、以下の2点に注意してください。

1:バターコーヒーを飲み過ぎてしまう

ダイエットに良いからと言って、バターコーヒーを1日に何杯も飲み過ぎてしまうのはやめましょう。

バターコーヒーは適切に使用すればダイエット効果が得られますが、前述の通り1杯で250kcal程のカロリーがあります。2杯飲めば500kcalなので、それだけで一般的な朝食と同じくらいのカロリー数になってしまいます。

バターコーヒーはバターとMCTオイルという、カロリー数自体は高いものを使用しています。飲みすぎてしまうとカロリーオーバーになってしまうので、朝に1杯飲むだけに留めておきましょう。

2:糖質を摂り過ぎてしまう

バターコーヒーダイエットは糖質の代わりにグラスフェッドバターとMCTオイルのケトン体をエネルギー源とすることで、体内の余分な脂肪を燃焼させやすくするという仕組みになっています。

そのため糖質を多く摂ってしまうと、結局体は脂肪を燃焼させず糖質からエネルギーを得るようになってしまいますので、バターコーヒーダイエットの意味が無くなってしまいます。

バターコーヒーダイエットの効果を十分発揮させるためにも、1日に摂取する糖質の量は50g以下になるように調整しましょう。

 

最後に

以上、”バターコーヒーダイエットを有効?現役トレーナーが解説します!”でした!

バターコーヒーダイエットは正しく実践することで脂肪の燃焼を促進し、高いダイエット効果が期待出来ます!あなたも是非試してみてください!

最後まで見ていただきありがとうございました!

以上パーソナルトレーニングジムCALORIE TRADE SASEBOがお送りいたしました

このたび、CALORIE TRADE SASEBOが、長崎のおすすめパーソナルジムに選ばれました。
ぜひご覧ください。
長崎のおすすめパーソナルジム
掲載メディア:パーソナルトレーニングジム探しはGetfit

YouTubeはじめました!


顧客満足度1位
佐世保市で最も選ばれる
カロリートレードサセボ

パーソナルトレーナー

吉良 航平
きらこうへい

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。