BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ダイエット
  4. 日本人は世界一不安な人が多い【筋トレはうつ病リスクを軽減する】

日本人は世界一不安な人が多い【筋トレはうつ病リスクを軽減する】

とうとう私の住む九州も梅雨入りです(6/7)

梅雨のシーズンってどうしても気持ちがうつむきがちですよね

私は雲ひとつない天気が好きなので雨が続くとどうしても気分が上がりません。

気分が上がらないといえばうつ病がそのひとつですよね

うつ病といえば今後30年後の未来では世界で1番患者数の多い病気となると予想されています。

それだけ誰がうつ病にかかってもおかしくないと言えるでしょう

そこで今回紹介したいのはトレーニングがうつ病の予防、改善の効果をご紹介したいと思います。

CALORIE TRADE SASEBOのパーソナルトレーナー吉良航平(キラコー)です

日本人は世界一不安な人が多い【筋トレはうつ病リスクを軽減する】

皆さんうつ病になったことありますか?

これを見ている方はトレーニングを普段から行っていたり、今からトレーニングをしようとしている方が多いと思いますのでうつ病になっている方は少ないと思います。

今でこそパーソナルトレーナーになってお仕事させていただいたり、日々のトレーニングができていますが数年前の私は違いました。

前職でストレスを抱えてしまい暴飲暴食を繰り返しメンタルは崩壊していました。

そんなときにトレーニングに出会い、メンタルが改善され人生が変わったので今回はトレーニングがもたらすうつ病改善の効果をご紹介します。

やる気ホルモンが出る(テストステロン)

うつ病の治療には抗うつ剤を投与されますが効果が不十分だったりで今も新しい治療法を研究しています。

中でも効果が期待されている治療法が男性ホルモン(テストステロン)を投与する方法です。

約2000人の男性のデータを取った研究結果では、男性ホルモン(テストステロン)を加えた場合の治療効果をみてみるとそうでない場合に比べて大きく症状の軽減を認めていました。

高い用量で比較した場合の効果は明らかになっており、効果は用量依存性)に高まることが示されました。

実はそのテストステロンというホルモンはトレーニングを行うことで分泌されるのです。

テストステロンとは簡単に言えばやる気ホルモンと言われています。

筋力トレーニングはもちろんランニングやジョギングなどの運動全般で分泌されることがわかっています。

少し考えてみてほしいのですが、ジムでトレーニングをしている人にうつ病っぽいひとっていませんよね⁉︎

なぜなら運動することでテストステロンが分泌されやる気ホルモンで満たされるため精神が安定しやすくなっているからです。

そのため気分が上がらないといった方やうつ病かも⁉︎と感じた方は簡単なウォーキングから始めてみましょう!

テストステロンが減少した時のリスク

集中力の低下やイライラしがちになったり不眠や肩こりなどの症状が表れます。

仕事をしている方にとって集中力の低下やイライラしがちというのは致命的ですよね

イケイケの社長さんの多くは日頃からトレーニングを行っている方が多いです。

実際にパーソナルジムに通われる方の多くは経営者さんが多いです。

仕事に集中して頑張りたい方などもトレーニングは行うべきと言えるでしょう

まとめ

日本人は世界1ストレスを抱えやすいと言われているので筋トレはうつ病に効果があるということだけでも覚えていただければと思います。

うつ病の際に投与される抗うつ剤と筋トレの効果は同じくらい効果があると言われています。

運動不足も解消されるしうつ病も改善予防できるので、今からでもトレーニングに励みましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上パーソナルトレーニングジムCALORIE TRADE SASEBOがお送りいたしました

YouTubeはじめました、最新の動画はこちらです!


顧客満足度1位
佐世保市で最も選ばれる
カロリートレードサセボ

パーソナルトレーナー

吉良 航平
きらこうへい

トータルセッション数

2,500回

今まで行ったパーソナル数。月160セッション以上をこなしております。

トータルお客様数

250人

今まで担当させていただいたお客様の人数。約250人の方々のダイエットをお手伝いさせていただきました。

佐世保市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度

1/5位

佐世保市のパーソナルトレーニングジム顧客満足度アンケートにて1位を獲得。Google社の口コミにおいても1位を獲得※(株)MIRAIS調べ

 

ダイエット、ボディメイクについて電話でも、メールでも、ラインでも気軽にご相談ください!きっとお役に立てるはずです。

 

関連記事